ハワイ語について

オレロ・ハヴァイ(ハワイ先住民の言語) - ポリネシア言語一つで、英語とともにハワイ州の公用語。ロイヤル・ハワイアン・センターやワイキキでは、場所や通りの名前、印刷物や歴史のフィルム、看板などで目にすることができます。
ハワイ語の言葉や名称、フレーズの一例:


Aloha (アロハ)– 愛、愛情、挨拶にも使われるなど、たくさんの意味を持つ。「アロハ・ア・フイ・ホウ」は、また会う日までという意味。
E kipa mai / E komo mai (エ・キパ・マイ/エ・コモ・マイ)–ともに「ようこそ」という意味。
He‘enalu (ヘエナル)– サーフィンすること
Helumoa (ヘルモア)– "鳥の引っ搔き跡”を意味するワイキキの土地。現在のロイヤル・ハワイアン・センター、ロイヤル・ハワイアン・ホテル、シェラトン・ワイキキ、ハレクラニなどが建っているエリアを指す名称。昔、この場所でハワイの王と伝説上の雄鶏が出会ったとことに由来する。
Ho‘okani pila (ホオカニ・ピラ)– 音楽を演奏すること
Hula (フラ)– ハワイの踊り。大きく分けて、フラカヒコ(伝統的な古典フラ)とフラアウアナ(西洋の楽器に合わせて踊る現代フラ)の2種類がある。
Kalakaua (カラカウア)– “戦いの日”を意味する。ハワイの7番目の王、デヴィッド・ラアメア・カラカウア王の名前にちなんでワイキキの目抜き通りの名称がつけられた。
Leʻahi (レアヒ)– ダイアモンドヘッドを指す。その形容を表す“マグロの額”という意味。
Mahalo (マハロ)– ありがとう。称賛の意
Pa‘ina Lānai (パイナ・ラナイ)– "晩餐のベランダ”を意味するロイヤル・ハワイアン・センターのフードコート
Pau (パウ)– 終わり。完了。
Ulu niu (ウル・ニウ)– 椰子の木の林
Waikiki (ワイキキ)– ヴァイ(ワイ)とは水。キキとは湧くという意味。かつてこのエリアでは、コオラウ山脈から流れる小川と豊かな水が湧き上がっていたことに由来する。